祝王選手756号-王選手引退-日米野球-スーパー銭湯-押し花-セキセイインコ-埼玉高校野球FANCLUB
ドライフラワーの作り方

ここでは、簡単なドライフラワーの作り方(作業工程・手順)を掲示しています。

ご意見やアドバイスはメールによりいただければ、ありがたいです。

ドライフラワーの材料です。
乾燥剤以外は、100円ショップで購入しました。
紙粘土はドライフラワーの土台にしようかと思いましたが、子供のおもちゃ
になってしまいました。土台は発泡スチロールを使用しました。
なお、乾燥剤は、手芸店で1,500円程度で購入しました。
(※ホームセンターでも購入できます。)
カーネーションの作成手順です。

カーネーションは花だけにし、アルミ棒は右のような(傘の柄)形にします。
カーネーションの上からアルミ棒を突き刺します。
※手を刺さないよう、力の入れ方に注意してください。
突き刺さったら接合部分をビニールテープで固定します。
乾燥させるスペースに限りがあるため、小さくします。
同様に作業しました。
※カーネーション以外は、花の枝とアルミ棒をビニールテープで固定し
ただけです。
乾燥剤が足りませんでした。

乾燥時間を長く(3週間)することにより、何とか形になりました。

ランは、乾燥するまでの時間が長く、色落ちが著しいので、ドラーフラ
ワーには不向きでした。
こちらの花は水分が少ないので、1週間で乾燥しました。
日の当たらない暖かい場所で乾燥させましょう。
3週間後の写真です。
1週間で乾燥しました。
100円ショップで購入した、籐製品にドラーフラワーを発砲スチロール
に刺しただけです。

これだけでも、ちょっとした飾りになると思います。